FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後書き&デュエット(ウォーデン)の解説

と、いう訳で、もはや何一つ隠していない隠しオープン、です(笑)
トクサPLは、ゆうれんでした!
わたしアーガスPLやでぇ~とは、このブログで過去に二度程書いたりしてたので、新顔さん以外は、え?隠しだったの??状態であると思います、が…(笑)

遅まきながら、当家のアーガス&トクサの個人イベにご参加いただきまして、もしくは見守って下さいまして、ありがとうございました!

一年と少し前に、たくさんの方の協力を得てやらせていただいたミツキ関連イベント、ゴーストタウン~アマネセール~や、現在進行中のアイザック悪魔祓い関連シナリオ、そして、トクサ及びアーガスのとある帝国軍シナリオ……当家の男PCには、共通の黒幕がいた。それと対峙して貰おう、というイベントでした。ゆうれんなりのラスボス像を、しこたま籠めて生まれたのが、デュエット。五年程前に淡い設定が出来、ペティットでイベント化するに辺り、色々と肉付けがされていったキャラでした。

死亡EDとなって、驚いた方は、いらしたかもしれません。アマネセールや、アイザックで企画した闇祓いイベントが大団円EDで終わりましたし、そういう優しい展開が好きだ、とも、公言していました。ただ、今回は、悪役が改心しての優しいハッピーエンド、というのは出来るだけ避けたかった。イベント終了後も、悪役として生かしたかったんですよね。参加者様が、有難い事に最期は皆、延命を望んでくれたので、かなーり迷いはしたのですけど……

今回は、アーガスサイド(実はデュエットを守る側)、トクササイド(デュエットに復讐する側)、デュエットサイド(デュエットの内面を知ってしまった側)という三方向から、それぞれの思惑で、参加者様にはイベントに関わっていただけました。ルート分岐や正解の道等は、ほぼ用意していなかったのですが、結果的に、ギルバート君を初めとした復讐ルート、デュエットの未来を望んでくれたリーゼロッテちゃん初めとした救済ルート、復讐せずに赦すことを提案したパケットさんの恩赦ルートと、大まかにこの三つに分岐出来た感じ。その、復讐ルートと救済ルートの間を行くようなEDだったかな、と。デュエットにとってはこれ以上ない勝ち逃げルートだったかもしれない。色々な罪を清算しないまま体は死に、心は救われたのですから。
もし、恩赦ルートと救済ルートが色濃くなり、皆が皆武器を下ろしたりする展開となっていたならば、また違った結末を迎える事も、あったかもしれません。

黒幕のデュエットが、実はアーガスの弟、ウォーデンである、というネタを、どれだけ悟らせずに進められるかは、背後がとっても楽しんでおりました(笑)何処まで成功したかは分かりませんが、情報をぺらぺら喋ってるログを読み返すと、あ、弟殺されたとは言ってない、とか、突っ込まれると困る突っ込みが入ると、キャラがキレたり、止めたり、断ったりしてたりと、いろいろ、苦肉の策()も見つかると思います(笑)特にユッカさんのツッコミ力が半端なかった…(笑)
バレットさんがロル内で挙げていたミスリードも、仕込んでいたものの一つ。ぴしゃりと指摘する名探偵ぶりはかっこよかったですね!

15日当日までに出た情報の、名前を軽く書き出してみると…

デュエット=ダウン(偽名)⇒???=タウアー(本名)
アーガス=ソロー(偽名)⇒アーガス=???(本名)
トクサ=ヴァインド(偽名)⇒トクサ=ディドー(本名)

アーガスの家族
両親⇒???
妻⇒???
お腹の中の子供⇒???
弟⇒ウォーデン

と、何故か家族で唯一、登場もしてない、しかも死んだとされている弟の名前が出ているという、読み物的怪しさにぶち当たる可能性も、あったとか(笑)


恩赦ルート提案がパケットさんだけだったのは、実際に、自分の恋人や友人(ミツキやアイザック)が人生を狂わされた、という事実が、アマネセールイベントから関わって下さっていたPCさんにとっては、大きかったからでしょう。トクサが殺す事こそ正しいと思っているPCだったのもあるかもしれませんが。デュエットが実は友人の弟だった、というネタが投下され、ある程度思考を乱されたPCさんもいて下さった事でしょうが、それでもやはり、赦すという行為は、本当に難しくて。背後もたくさん考えさせられたイベントになりました。
とはいえ、このルート、これだけ難度は高かったのだから、もし力を持ってくれたなら、悪役として生かしたい……という今回の思惑を外れてもいいな、と思わせてくれるくらいには素敵な提案でありました。ありがとうございました!



今回のイベで、影響を受けた作品を何となく以下に。

東/野/圭/吾さんの、映画化もされた「容/疑/者/X/の/献/身」。殺人を犯してしまった愛する人(片思い)を守る為、自分がその殺人を行ったように見せかけた男が、全ての思惑に成功し、逮捕されていく最後の最後、その愛する人に目の前で自首されてしまう。絶望や混乱、様々な感情から獣のような慟哭を残すというラストがすごく胸に残る作品。
人の慟哭に、これ程の力があるのかと衝撃を受けて、これをファンタジーでやれないか、思ったところから、アーガスの慟哭をキーにしようと決めました。頑張ってはみたつもりなんですが、そこまで大きな印象には残らなかったかもしれない(笑)だがそれでいい(笑)やりたかったことはやれたのである。まる(笑)

それから、貫/井/徳/郎さんの、「乱/反/射」という小説。犬のフンを放置する。仕事で少し手を抜くなど、誰しもがやったことのあるような、小さなモラル違反…小さな悪い事の積み重ねが、一人の子供を死に至らしめてしまうという、法で裁けるような犯人がおらず、けれど、皆に悪いところがあった…そういう話。そう派手な話ではないのですが、ぐああっと、胸に来るものがあって。印象に残っていまして。誰だって、悪い事をする。それが大きな悪い事を引き起こす事だって、きっとあるんだ、と。

参考にしたラスボス像は、フ/ァ/イ/ナ/ル/フ/ァ/ン/タ/ジ/ー/7/というゲームの「セ/フ/ィ/ロ/ス」や、実写版映画スパイダーマン2の「ド/ク/タ/ー/オ/ク/ト/パ/ス」。優秀有能な良い人が、避けようのない悲しい運命や絶望を背負ってしまい、壊れ、堕ちていくというタイプの悪役さんです。

デュエットについての解説は、続きを読むから。

続きを読む

スポンサーサイト

時丸の解説と裏話

正確にいつから稼働していたのかはよく覚えていなかったりするのですが、当家の敵PC、隠しPCとして、時折出させていただいておりました。九州弁もどきな口調の戦闘狂キャラ、時丸でした。
ベランジェールちゃん始め、お相手下さった皆様や、見守って下さっていた皆様への感謝の言葉は、簡単ながら、つぶやきの方に書かせていただきました。

ここでは、時丸の設定のお話を少々。

戦闘狂であるにも関わらず、何の武術の心得もなかった、ただ本能のままに生きてきた野生児でした。
時丸にとって、「赤」は生の証。登場時に高頻度で描写していた、獣を生で食べているところから来ています。
何も知らなかった男が、誰の助けもなく一人で生きる為には、まずは、身を守らなければならない。獣を返り討ちにして、「赤」を流させることが出来れば、男は生きられます。そうして、その「赤」を食べることで、男は生き延びていく。命を繋いでいく。自然の中において、当たり前なことです。

ただ、時丸には自分というものがありませんでした。本人はそう思っていました。ミカ君が「記憶がないのか」とおっしゃっていたように、時丸には過去というものがありません。「気が付けばここにいた」と、確かそのような発言を以前、コルフォーティス杯の折、レイン君にもしたことがありました。時丸はあの姿のままで、何も知らない、言葉さえも知らない真っ新な状態から始まりました。言葉は、己と同じ姿をした人間に出会い、何とか意思疎通を図ろうとして、少しずつ覚えていった結果、ああなりました。
支障なく会話が出来るようになるまでに、「馬鹿」だとたくさん言われてきただろう時丸。だから、彼の戦闘移行スイッチは、「馬鹿」でした。「馬鹿」でブチ切れする、という設定のことですね!

獣を狩ることで、「痛み」と「赤」を感じることで、ただ己の生を確認して来た時丸が、戦闘狂となったのが、「走馬灯」の存在でした。そのものではなくて、走馬灯のように…という表現として良く使われる喩え話の方ですね。死を覚悟した瞬間に去来するという、過去の記憶の存在。
どうしても時丸は、それが知りたかった。時丸にとっての死は、やはり狩られることでしたから、自然と強者を求めるようになります。そうして、己の思考が理解出来ない大多数の人間にも、疑問と興味を抱くようになっていきます。(己の思考を理解してくれるエレナカレンちゃんやカンタレラちゃんへは、何処となく同族認識をしていましたね!)

それが、ペティットで稼働していた時の、時丸でした。

ベランジェールちゃんとの戦いの最中、カンタレラちゃんから《抱く感情の増幅》の「毒」を受けて、その根本に強く抱いていた、自分を求める感情が増幅された結果が、あのラストへと繋がりました。

ベランジェールちゃんの刃に全身を貫かれ、死を覚悟した瞬間、虚空へ伸ばした手が、望んでいた「走馬灯」を得ることはなかったかもしれません。けれど、最後、ここにいるのが間違いなく自分であるというなら、「俺は誰?」という問いに、ベランジェールちゃんが返して下さった「ボクの友達だ」という言葉に、時丸は救われたようでした。
新しい自分を手に入れた瞬間に、時丸は覚めることのない暖かな夢へと。
時丸にとっては、幸福な最後であったと思います。




さて、ここから裏話です。どうしても戦闘へと向かってしまう時丸ではありましたが、別の道も、PLとしては用意をしておりました!
存外素直に人の言葉を受け入れる一面があったことを、何度かロル内でも描写しておりました!
ガルベージさん主催の闘技場で、竜肉のお預けを食らってじっと待ち続けたりだとか(シャルロットちゃんだったか誰だったかは忘れてしまった…)、廃教会で、ラクリモーサちゃんに教会を壊しては駄目と言われて、すんなりやめてみたりだとか、枯れ木の森で、ミカ君に交渉中の商品に手を出すなと言われて、カンタレラちゃんを傷つけるのを止めてみたりだとかですね!
そして、時丸は、「知らないことを知る」のが好きでした。ケーキに興味を惹かれたことだとか、密かに読み書きが出来ないことを気にしていたりだとかも、実はしました。
そうした一面を拾って下さって、知らないことを教えて下さるような方がいたならば……また、違った未来を、違った自分を見つけられたのかもしれません!時丸のことを、襲われて傷つけられても、気にかけて下さっていたヨハネ君のような方もいらっしゃいましたしね!

そんな訳で、悪役PCであっても、完全な黒でもなく、灰色のような感じを意識した時丸でありました。



ここまでお読み下さった方々、お疲れ様でした(笑)
長々としたキャラ語りにお付き合い下さいまして、本当にありがとうございました!!

そしてお前に出逢えただけで…【ミカミツイメージソング】

替え歌風にパート分けしておりますが、全然弄っておりません(笑)
捏造率1000%!!

よろしいですか…?
それでは、追記にてっ。

続きを読む

【便乗】趣向品傾向

今更ながら、aica様のところに便乗して、書き出してみようかと♪


【酒】

ナツメ

なかなかの酒豪ですが、周りに合わせてセーブします。強い人ばっかりだったら良く飲む。けど、酔った姿を見せるのが恥ずかしいというのもあるので、適度なところで止めます。(ただし叔母がいると、付き合わされて凄い飲まされてる)強めのお酒をゆっくり飲むのが好き。

セツナ

無論飲んだことないですが、将来的にすっごく強くなるはず。

アイザック

ビール二杯で潰れる弱さ。酔い潰れるというよりは、心地好くなって眠たくなって、つい、うとうと…という感じ。故に起こされたらすぐ起きる。
自警団の間では、飲みメンバーの中に彼がいたら、飯を食いまくられる前に酒で寝かしつけろ、という暗黙の了解的な掟があるようです(笑)

ミツキ

商談で日常的に良く飲んでいることもあり、飲み慣れたものならそれなりにいける口。でも、ガツンと来る強いのはダメ。
その日の睡眠不足具合によってもかなり酔い方に差が出るようです。(週に1~2日しか寝ない兎)ちなみに超絡み酒。


【煙草】

ナツメ&セツナ&アイザック

吸いません。ナツメは健康に気を使って、セツナは子供だから、アイザックは金銭的問題で吸ってません(笑)煙草より切実に食べ物(笑)

ミツキ

昔はヘビースモーカーな時期もありましたが、今はお疲れ気味の時、ストレス感じてる時だけ吸う感じ。匂いがつくのを気にして、仕事着の時は吸いません。


【紅茶or珈琲】

ナツメ

珈琲派。東国から出て初めて飲み、何とも言えない苦みの虜に。普段はブラック。時折ミルクを入れて楽しんでいるようです。
紅茶も好きですが、茶葉にはまだそこまで詳しくないです。

セツナ

ミルクティーやカフェオレ等は飲めるけど、ココアの方が好き。一番好きなのは、やっぱりオレンジジュース。

アイザック

珈琲派。ブラックを飲みながら角砂糖をガリボリ食べる!むしろ角砂糖がメインなので珈琲に詳しい訳でもない。

ミツキ

紅茶派。ストレートもミルクも好き。茶葉にも茶菓子にも結構こだわりがあるようです。一生懸命練習したので、それなりに美味しくもいれられます。



こんな感じでしょか♪

ファーストキスの話

ジュリエッタちゃんがまだだと聞いて、うちの子達はどうだろうなぁと、ふと思ったので、書き出してみようかなと♪


ナツメ

初恋相手の、叔父のマツカゲです……!
ここはちゃんと設定されておりますふふ♪←
ナツメもマツカゲも、まだ外見がお互い獣っぽくなる前、ナツメ6歳、マツカゲ13歳の時。(つまり今、マツカゲは31です。若いね!叔母のサツキは34歳。3つ差!)
抱っこされた時、ちゅってナツメから。
叔父はただの事故だと思ってるけど、実は…というお話。
獣っぽい見た目になる前の、最初で最後のキス。ナツメにとっては、凄く大事な思い出です♪


セツナ

言わずもがな、まだ…!
でも、する時はきっと、ナツメと同じで自分からになりそう。
ガンガン系だから。
愛情表現で、ナツメに鼻キスをしょっちゅうされてるので、あんまり照れたりもしない予感がが。
嬉しそうにはしそうですが…


アイザック

家柄もまずまず(精霊術士の名家※当社比)なので、学生時代に、ちょっとませた同級生とか、年上の先輩とかに押し切られてお付き合い開始。で、奪われてそう。
一応フィアンセはいたけども、そっちとはまともに顔も合わせられずに、仲良くなれないままだったとか。
ちなみに、自分からキスしたのは、悪魔化してフィアちゃんにやっちゃったあれが初めてだったかと←
どんだけ草食系(笑)
殺す前に好きな女にキスくらいさせてやろうって思った悪魔も、案外悪いだけな奴ではないのかm
アイザック(悪魔)「殺されたいようだな?(冷笑)」
すんませんっしたぁぁ!!


ミツキ

ずっと幼なじみに片思いしながらだったけど、恋愛経験はわりと豊富なので、学生時代、何となく告白してくれた子と付き合いだして、こっちからキス。
幼なじみを諦めようと必死で、この子に尽くすんだと決心しながら。
でも結局、「ミツキ君は誰にでも優しい!もうわかんない!」なんてフラれて……
やっぱり幼なじみへの想いが消えなくて……
それでもまた、次の彼女が出来て……
そんな堂々巡りキャラ(笑)
最近は、ついに幼なじみの恋が実って、ようやく諦めもついたので、前向きになろうとしてるとこなんですよ!一応!
ミカ君に恋人に誘われたり、コトリちゃんをデートに誘ったり、ユニオールちゃんも誘う予定があるし、こいつが落ち着く日はあるのかどうか(笑)
PLも全く読めてないです(笑)


と、ファーストキスの話だけじゃ終わらなかった…(笑)


皆さまのPCさん達のファーストキスは、いつでしたか~♪
プロフィール

ゆうれん

Author:ゆうれん
 
年齢……27歳

誕生日……10月6日

性別……女

在住……大阪

稼働PC……ナツメ(灰狼)、アイザック(藍剣)、ミツキ(黒兎)、アーガス(百眼)、トクサ(木賊)+α

休止PC……セツナ(子狼)、隠し1名

故PC……時丸(野生)

そろそろ敵PCを作りたいな~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。